【ハウス・オブ・グッチ主演】レディーガガのプロフィールや経歴

2022年1月に公開された、世界的人気ハイブランドグッチ 一族の人生を描いた「ハウス・オブ・グッチ」が大人気です。そこで今回は、主演を務めたレディーガガさんに注目したいと思います!歌手としてのイメージは強いですが、女優としても高い評価を得ている、多彩なレディーガガさんのプロフィールや経歴をチェックしてみましょう!

レディーガガのプロフィール

まずは、プロフィールをご紹介します。

  • 名前:レディー・ガガ (Lady Gaga)
  • 本名:ステファニー・ジョアン・アンジェリーナ・ジャーマノッタ(Stefani Joanne Angelina Germanotta)
  • 生年月日:1986年3月28日生まれ 
  • 身長:155cm
  • 出身地:アメリカ・ニューヨーク州マンハッタン
  • 職業:シンガー、ソングライター、女優、活動家
  • 学歴:ニューヨーク大学 芸術学部 (退学)

レディーガガという芸名は、音楽プロデューサー・ロブ・フリーサさんが名づけ親です。レディーガガさんのボーカルスタイルがQueenのフレディー・マーキュリーに似ていることから、Queenの楽曲「Radio Ga Ga」をもじって、Lady Gagaと名づけました。

身長は、155cmです。アメリカ人女性の平均身長が163cm前後なので、とても小柄なことがわかります。圧倒的なパフォーマンスを見ているので高身長なイメージがありますが、実際は低身長なことがわかりました。

レディーガガのこれまでの経歴は?

レディーガガさんのこれまでの経歴を振り返ってみましょう。

生い立ちと学生時代

レディーガガさんは、1986年3月28日生まれ、2022年3月で36歳になります。アメリカ・ニューヨーク州マンハッタンの裕福な家庭で育った彼女は、小さな頃からピアノを習っており、4歳で楽譜を見ずにピアノを弾けたそうです。さらに、11歳で名門のジュリアード学院音楽部門に合格しました。しかし、当時あまり音楽に興味が無く、辞退してしまいます。

その後、ニューヨークにある超!お嬢様学校「聖心女子学院」に進学しますが、環境に馴染めず、いじめに遭います。辛い学校生活を送っていましたが、17歳でニューヨーク大学芸術学部に早期入学しました。数々の有名人を輩出した名門学校に入学したものの、周りの仲間と上手くいかず、たった1年で退学してしまったようです。また、この頃、薬物中毒だったことを告白しています。幼い頃から学力も音楽もエリートだった反面、いじめや薬物中毒など、若い時から波乱な人生を歩んでいたようです。

下積み時代とデビュー

大学を辞めたレディーガガさんはストリッパーとして人気が出てくると、19歳でデフ・ジャム・レコーディングスと契約します。この頃、Lady Gagaという芸名が誕生します。その後、インタースコープ・レコードとソングライター契約を果たし、ブリトニー・スピアーズなどに楽曲の提供をしていました。

22歳の時に『ザ・フェイム』をリリースすると、世界各国で音楽チャートのトップ10入りするなどの大ヒットを記録!さらに、翌年リリースされた『ポーカー・フェイス』は世界17カ国でヒットチャート1位を獲得。全世界の合計売上枚数が1,000万枚以上を記録しました。圧倒的な歌唱力と音楽の才能もさることながら、奇抜なファッションセンスも若い世代を中心に大人気になりました。レディーガガとしての魅力が世界的に認められ、こうして一気に世界的スターの座を駆け上がったのです。

世界的アーティストとしての活動

その後も、『パパラッチ』『ザ・モンスター』『テレフォン』など、次々とヒット曲をリリースします。2枚目のアルバム『ボーン・ディス・ウェイ』は、全世界で800万枚以上の売上を記録。これまでに数々の音楽賞を受賞しました。

また音楽活動だけでなく、女優業でもその才能を開花させます。『アメリカン・ホラー・ストーリー』の第5シーズンにエリザベス役で映画初出演を果たすと、さらに映画『アリー スター誕生』では主演を務め、アカデミー賞やゴールデングローブ賞にノミネートされるなど高い評価を受けました。音楽だけでなく、女優としても高く評価を得ており、マルチに活躍されるレディーガガさん。素晴らしいの一言に尽きますね!

まとめ

今回は「ハウス・オブ・グッチ」の主演を務めたレディーガガさんのプロフィールや経歴をご紹介しました。幼い頃から、勉強や音楽の才能があったものの、その唯一無二な感性からいじめなどの辛い経験もしてきました。そんな時期を乗り越えて、現在はこうして世界的スターとして活躍する彼女の姿を見ることができて、とても嬉しいです。これからも、レディーガガさんの活躍がますます楽しみですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする