圧倒的演技派女優・芳根京子を「真犯人フラグ」から検証!

現在、日本テレビ系で放送中のドラマ「真犯人フラグ」ですが、いよいよクライマックスに向けて色々な事が解明されてきました。物語の中でキーパーソンとなる「芳野京子」さん演じる二宮瑞穂からも目が離せない状況となっていますよね。物語の内容はもちろん、芳野京子さんの演技力にも引きつけられるのが今回のドラマ。今回は、圧倒的演技派女優の芳根京子さんの演技を出演中の話題のドラマ「真犯人フラグ」から検証してみたいと思います。

女優・芳根京子のプロフィールと経歴

プロフィール

  • 芳野京子(よしねきょうこ)
  • 東京都出身
  • 1997年2月28日生まれ
  • 身長 159㎝
  • 血液型 A型

経歴

芸能界に入ったきっかけは、友人に誘われていった遊助(上地雄輔)のライブでのスカウトだそうです。2013年にドラマ「ラスト♡シンデレラ」でデビューすると、その後、2015年には1,000人以上の参加者のオーディションで選ばれて、ドラマ「表参道高校合唱部」で初主演の座を獲得しました。翌2016年には、NHKの朝ドラ「べっぴんさん」でも主演を務めて、話題のドラマ・映画に引っ張りだこな女優さんです。現在放送中のドラマ「真犯人フラグ」では物語の重要な存在を演じています。

芳根京子の演技力に圧倒されたドラマ・映画

演技力が高く、数々の役を演じてこられた「芳根京子」さん。今まで出演された話題のドラマ・映画の中で、特に演技力が光っていたものをピックアップしてみました。

1.連続テレビ小説「べっぴんさん」

2016年に放送された「べっぴんさん」では、主人公の坂東すみれを演じました。その当時、芳根京子さんは19歳でしたが、17歳頃〜59歳までを演じています。物語の中で坂東すみれの娘を演じた「井頭愛海」さんとは実年齢で4歳差しかなかったですが、見事に母親役を演じました。

2.ドラマ「コントが始まる」

2021年に放送された日本テレビ系ドラマ「コントが始まる」には、仲野太賀さん演じる美濃和潤平の恋人役「岸倉奈津美」で出演。製薬会社の広報部に勤め、仕事をバリバリこなしながらも売れない芸人の彼を支える役どころを見事に演じていました。途中、2人がつき合ったきっかけの回想では、高校時代のシーンもありましたが、違和感なく高校生を演じていました。

3.映画「Arcアーク」

この映画で芳根京子さんは、人類初「永遠に若いまま生き続ける」こととなった主人公を演じています。17歳から100歳以上というほとんどの役者が体験したことがないであろう年齢幅を自然体で見事に演じています。

4.ドラマ「真犯人フラグ」

現在、日本テレビ系で放送中のドラマ「真犯人フラグ」では主人公「相良凌介」(西島秀俊さん)の失踪した家族を捜すために、全力で力になろうとする部下「二宮瑞穂」を演じています。相良凌介に想いを寄せながらも、親身になって力になろうとする姿を見せつつも、どこか本当は黒幕なのではと、疑いたくなるような雰囲気も漂わせて、まさに視聴者を虜にする演技をしています。

第16話では、凌介の妻「相良真帆」(宮沢りえ)の不倫を告発するビラを投函しているところを動画に撮られていて、完全アウトなところでしたが、結果「凌介」を守るためだったと説明をし信頼を取り戻しましたが、良い人なのか、黒幕なのか、どっちとも言い難い絶妙な演技をしています。ネットでも芳根京子さんの「真犯人フラグ」での演技は話題になっていました。

​​​​

まとめ

この記事では、『圧倒的演技派女優・芳根京子を「真犯人フラグ」から検証!』についてまとめてみました。過去も、今放送中の作品もどれも演技力が高く素晴らしい作品ばかりでした。若いうちから幅広い年代を演じていますが、実際に年を重ねていって、さらに磨きがかかった演技が今後もみれると思うと、芳根京子さんの出演作品がこれからも楽しみですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする