大恋愛のロケ地居酒屋や神社はどこ?1話のあらすじ・キャストも!

戸田恵梨香&ムロツヨシさん共演の純愛ドラマ「大恋愛〜僕を忘れる君と」。

泣けるドラマとしても話題の「大恋愛」には、居酒屋や神社など

印象的なロケ地が登場するので一度は行ってみたいですよね!

そこでこの記事では、居酒屋や神社など「大恋愛」のロケ地を解説します!

また、合わせてメインキャストと1話のあらすじも紹介しますね♪

スポンサードリンク

居酒屋の場所はどこ?

ドラマの1話で尚と真司が食事をしてお客を使ってアテレコ

をした場面で登場する居酒屋のロケ地はどこでしょう?

セットなのか実際にあるのか調査していきます♪

「大恋愛」は、若年性アルツハイマー病を発症した

産婦人科医・北澤尚(戸田恵梨香)と売れない作家で

引越し屋でバイトする間宮真司(ムロツヨシ)との出会いの始まりの

居酒屋のロケ地は「大衆酒場晩杯屋 蒲田西口店」。

大衆酒場晩杯屋 蒲田西口店」の住所は、

〒144-0051

東京都大田区西蒲田7丁目29−5ニューカマタビル2階

ちなみに、この居酒屋は5話で真司が尚に、プロポーズをする場面でも登場していますね!

この居酒屋は意外と重要な場所にもなってるので行ってみたいですね♪

神社・アパートの場所も!

ドラマの1話で印象的なロケ地として登場したのが

尚と真司が一晩中を話をしていた神社ですよね~

アノ神社の場所はどこなのかチェック!

神社のロケ地は、「多摩川浅間神社」。

「多摩川浅間神社」の住所は、東京都大田区田園調布1丁目55 大田区田園調布1丁目55−12。

この神社の場面は、尚が真司に言う「あたしタイプなんだ」のセリフが話題になりましたよ♪

ちなみに映画「シンゴジラ」でも使われてるんですよw

ドラマで真司が暮らしているアパートの名前は「月光荘」。

このアパート「月光荘」は、東京都大田区久が原2丁目の呑川沿いにありますが

住人の方もいるので住所は控えさせていただきます♪

最寄駅は、東急池上線久が原駅および地下鉄浅草線西馬込駅で、

2つの駅のちょうど中間点にあります!

メインキャスト紹介♪

ドラマを飾る今回のキャストは誰なんでしょうか?

さっそく「大恋愛」のこれだけは押さえておきたい

メインキャストを紹介して行きますよ~!

役名:北澤尚

役者名:戸田恵梨香

尚は母が院長を務める「KITAレディースクリニック」で働く産婦人科医。

婚約者がいたが、婚約を破棄して、運命的な出会いを果たした真司と結ばれるが

若年性アルツハイマー病を発症してしまいーー。

役名:間宮真司

役者名:ムロツヨシ

売れない作家でアルバイトで生計を立てる真司は、代表作「砂にまみれたアンジェリカ」の

ファンだった尚と出会い、次第に惹かれるようになる。

尚が若年性アルツハイマー病を発症したことを知った後も、

全力で彼女を支えることを決意しプロポーズすることになる。

役名:井原侑市

役者名:松岡昌宏

井原はエリート精神科医で、尚の元婚約だったが

一方的に尚に婚約を破棄されてしまう。尚とは色々あったが

若年性アルツハイマー病を発症した尚を医師として支えることになる。

役名:北澤薫

役者名:草刈民代

尚の母親で普通の産婦人科だった「KITAレディースクリニック」を

更年期のホルモン補充療法に特化したクリニックで大成功した経営者!

豪華キャストですが僕は松岡君の役どころが

切なくて・・・普通なら耐えられないですよね!

スポンサードリンク

1話のあらすじ!

病気の彼女となんてありきたりでしょ?って

思いそうなところですが「大恋愛」はちょっと変わってますw

さっそくですが簡単に一話のあらすじを紹介していきますよ♪

北澤尚(戸田恵梨香)は、母の北澤薫(草刈民代)が
院長を務める病院で働く産婦人科医。お見合いで出会ったワシントンの大学研究室で働く精神科医・井原侑市(松岡昌宏)と価値観があったこともあり、彼と婚約、もうすぐ結婚を控えていました。新居に引っ越しを迎えたその日、尚は引越し屋のアルバイト・間宮真司(ムロツヨシ)と

運命的な出会いを果たすことになります!

引っ越し作業の途中で、真司は自分の小説「砂にまみれたアンジェリカ」を発見。

実は、この小説は尚が愛読する小説だったのです。

体調の異変を感じる尚

その頃、尚は頼んでいない黒酢ドリンクが届けられたり、患者の名前が思い出せないなど、体調の異変を感じるようになります。

そうした中、真司がダンボールを回収に来た際に、雨漏れを解決してくれたお礼に

尚は彼と居酒屋で食事をすることになります。

居酒屋で、真司は自分の正体を隠しつ、尚と「砂にまみれたアンジェリカ」

について話し合い、2人はすっかり意気投合、帰り際にお互いの連絡先を交換します。

ある日、尚が居酒屋の店の前で尚と再会した真司は、「砂にまみれたアンジェリカ」の作者は

自分だと伝えます。

婚約を破棄する尚

「砂にまみれたアンジェリカ」の作者だと知った、尚は、真司こそ運命の人だと確信。思い立つとすぐに行動に移す尚は、真司にキスをすると、そのまま2人は真司のアパートで

一夜を過ごすと、翌朝、尚は婚約を破棄して、あなたと一緒になると真司に伝えます。

婚約を一方的に破棄したことで、薫は尚を厳しく叱責します。

一方で井原は、「結婚式までに真司と別れるなら、目をつぶる」と冷静な対応を見せます。

それでも、真司こそが運命の相手と確信する尚は、職場のクリニックを飛び出し

真司のアパートへ向かいますが、今朝作った合鍵の存在を忘れ、アパートに入らず

ずっと真司を待つことになります。

婚約破棄を知った真司は、今日は帰った方がいいと尚に冷静な言葉をかけて

その日は、尚を家に返します。

事故にあう尚

尚が自分の小説のファンと知った真司は、小説への情熱を取り戻し彼女のために、もう一度、小説を書くことを決意します。

真司のアパートへ向かう最中に、尚は自転車と接触事故を起こし病院に運ばれます。

怪我は大したことがなかったこともあり、尚は真司のアパートに向かいます。

その頃、事故の検査の尚のMRI写真を目にした井原は、彼女が軽度認知症の疑いがあることに

気づくことに…。

まとめ

「大恋愛」の主人公の尚と真司が食事をして、プロポーズまでするなど

印象的な場面で登場する居酒屋のロケ場所は実在するんですね。

居酒屋だけでなく、神社のロケ地も実際に訪問することが可能で

ドラマのファンの人は、足を運んでみるのも楽しいかもしれません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする