陸王のドラマと原作の違いは?名言や主題歌・挿入歌もチェック!

今回は下町の足袋製造会社がランニングシューズの開発を行っていく

「陸王」というタイトルで、これまた熱い気持ちになれるドラマです♪

下町の会社がランニングシューズに熱い情熱をかけていくストーリー

はついつい感情が入ってしまうほど面白いですよ♪

今回はドラマと原作の違いはあるのかや名言をチェック!

また、主題歌や挿入歌についても調べていきます♪

スポンサードリンク

陸王には原作がある?!

下町の工場が舞台となってランニングシューズに

熱い情熱をかけていくドラマなのですが・・

どこか聞いたことあるようなストーリーですね~

さっそく原作があるのか調査していきますよ♪

陸王は池井戸シリーズの小説が原作となります!

集英社の小説すばるに2013年7月から2015年4月に連載され、

2016年に集英社から小説として単行本が販売されていますね!

池井戸シリーズは小説が最初に発行されて人気が出て、

その後にドラマ放映されることが多いですね!

原作のあらすじもちょっと紹介♪

気になる原作のあらすじを簡単に

紹介していきますね~♪

足袋作り百年の老舗が、ランニングシューズに挑む

埼玉県行田市にある老舗足袋業者「こはぜ屋」は日々、資金操りに

頭を抱える四代目社長の宮沢紘一は、会社存続のためにある新規事業を計画!

これまで培った足袋製造の技術を生かして、「裸足感覚」を追求したランニングシューズ

の開発はできないだろうか?と考えあぐねるのだった・・・

しかし、世界的スポーツメーカーとの競争、資金難、素材探し、開発力不足と

下町の小さい会社に襲い掛かる問題はやまずみだったーー。

しかし!従業員20名の地方零細企業が、伝統と情熱、そして仲間との強い結びつきで

プロジェクトを成功させるべく一世一代の大勝負に打って出る!

原作との違いは?

基本的には原作を忠実に再現しているドラマになりますが

やはりちょっとした違いはあるようですね!

さっそく紹介していきますね~♪

<坂本の転勤のとき>小説→引継ぎをあっさりと済ませ転勤していく

ドラマ→大橋が坂本を罵倒したり涙したりと人間味にあふれていた

〈茂木のシューズ〉小説→持ち込んだシューズは履いていないドラマ→自分の持ち込んだシューズを履いてる

〈トライアルレース〉小説→競技場へは訪れず面会も一度もしていない

ドラマ→競技場を何度も訪れ、茂木とも面会している

ドラマの展開はやはり放送時間が関係していたのか

小説とは登場が違ったりと少々変更はあるようですね!

まぁまたそれがドラマを盛り上げておもしろいんですけどね~

スポンサードリンク

名言集!

陸王にはぐっとくる名言が多いんですよね~

私もドラマを見ていてかなり心に響いた部分がありました!

「リスクのないところに成長はない」

宮澤社長が、こはぜ屋の将来のことを考えて、従業員、

銀行員に発した名言です。確かにそのとおりだなーと心に響きましたね!

自分の仕事に、責任の持てない奴は何をやってもダメだ」

宮澤社長が自分のやりたい仕事、責任をもてない息子に言い放った言葉です。
何か自分に言われているようで響きましたね!

ドラマのなかではまだまだたくさんの名言があり

ぐっと胸にこみあげるものがあるときがありますよ♪

主題歌・挿入歌情報!

いいドラマにはいい主題歌が使われていますよ♪

さっそく主題歌をチェックしていきましょう!


陸王に使われている主題歌は「Jupiter」です。

最初に聞いたときに、これ確か平原綾香さんが歌っていた「Jupiter」

だったんですけど・・・なんか声違う?

同じJupiterでも歌っているのは「Little Glee Monster」です♪

最近人気になっているアカペラで歌う歌手グループです♪

大事なシーンで必ず流れてくるため、ドラマといい感じであっています!

挿入歌ともいい感じなんですよね~

挿入歌はサントラで聞ける?

ジュピターもそうですが挿入歌がまた

ドラマをぐっと印象付けしてくれるんですよね~

陸王のテーマ曲からドラマ内で流れていたあの

挿入歌がたっぷりと収録されていますよ!

22曲 52分 収録されてるのでこれ一枚で

しっかりとまた世界観に浸れること間違いなしです♪

スポンサードリンク

まとめ

陸王は小説が人気になっており、ドラマではさらに熱いシーンが

加えられているので、よりいいドラマになっていますよ!

そのシーンには必ず名言が出ていますからね!

ドラマ内でかかっている主題歌もドラマを盛り上げるように

なっているので相乗効果に期待ができますよ♪

スポンサードリンク