陸王(ドラマ)のキャストの芸人はだれ?相関図・あらすじもチェック!

ランニングシューズ作りに没頭する企業を題材とした

池井戸シリーズのドラマ「陸王」はご存知ですか?

下町の足袋製造会社がランニングシューズを作り

従業員一丸となって多くの問題に立ち向かうドラマです♪

今回はそんな陸王を盛り上げてくれるキャストや相関図から

キャストとして出ている芸人やあらすじをまとめていきます♪

スポンサードリンク

キャスト一覧♪

ドラマを盛り上げるのやはりキャストですね♪

さっそく陸王に出演している主要キャストを紹介!

・宮沢紘一(役所広司)

このドラマ、陸王の主人公ですね。

足袋会社「こはぜ屋の4代目社長」

ランニングシューズを作ろうという発起人です。

・宮沢大地(山﨑賢人)
宮沢紘一の息子、宮沢大地です。最初は父親の会社のことを

バカにしていますが、ふとしたきっかけで仕事の大事な部分を

任されることによって、気持ちが変わってきます。

・茂木裕人(竹内涼真)
茂木裕人は、ダイワ食品の陸上競技部の選手。こはぜ屋の

ランニングシューズを履いてマラソンに挑戦しているアスリート役です。

・富島玄三(志賀廣太郎)

先代の社長時代から働く大番頭!

宮沢に時には厳しい現実を突きつける。

芸人も使われている?!

さあここからは気になる芸人がキャスト

として起用されているので紹介していきます!

・佐山淳司(小籔千豊)

シューズメーカーアトランティスの営業担当役で出演しています。

社長にゴマばかりすって周りには嫌われている存在です。

小藪さんの嫌われっぷりと悪役ははまり役ですね~w

クセのある人物を熱演していますよ!

・栗山 役(鳥居みゆき)

完成した陸王を発注する高校教師役で出演しています。

学校の体育の授業で学生に履かせたいとして大量発注してくれます。

どうして鳥居みゆきが出演?!と思ったのですが、実は鳥居さんは

埼玉県行田市観光大使をやっているので今回の舞台が埼玉県行田市

ということだったのでそれに関連した出演だったのでしょう♪

スポンサードリンク

キャスト相関図!

人と人の関りが強く出るドラマだからこそ

相関図を知っておくとドラマがより面白くなりますよ!

さっそくチェックしていきますよ~♪

<こはぜ屋>・宮沢 紘一(役所広司)
 こはぜ屋4代目社長・宮沢 大地(山﨑賢人)
 社長の息子。陸王の根幹となるシルクレイを担当。・正岡 あけみ(阿川佐和子)
 製造部門のリーダー的存在。

・富島 玄三(志賀廣太郎)
 専務取締役、経理担当。暴走する社長をいつも止めている。

・村野 尊彦(市川右團次)
 ベテランシューフィッター。もともとはアトランティスの社員だが社長に誘われた。

・飯山 晴之(寺尾聰)
 陸王の根幹となるシルクレイを考案し、特許を取得している。

<陸上部関連>
・茂木裕人(竹内涼真)
 ダイワ食品陸上部。陸王を履いてマラソンに挑戦している。・城戸 明宏(音尾琢真)
 ダイワ食品陸上部監督。なかなかコワモテな存在。

陸王のあらすじ紹介♪

陸王ってタイトルだけではどんなドラマ

なのか想像しにくいですよね?

そこであらすじを紹介していきます!

長年使っているミシンが壊れて納期までに間に合わない!

4代目「こはぜ屋」社長宮沢が先方に謝罪をしていたーー。

なんとか納期が遅れたものの商品を納入することができたが・・

それがきっかけで取引先からの発注が減少してしまい、会社が

倒産するかもしれない危機的状況に追い込まれてしまうーー。

足袋だけではいけないと思い、今後のこはぜ屋を救うための何か

新しいアイデアが必要だと考え、ランニングシューズの開発に力を入れていきます!

足袋だからこそできる何かがあるはずと宮沢社長は、試行錯誤して陸王を完成させます。

ただ無名の会社が作ったランニングシューズなんて誰も履くわけない・・・

中小の企業が考えたこのランニングシューズは

世の中にどうやって受け入れられていくのか?

これからの展開が気になる作品ですね!

スポンサードリンク

まとめ

やはりドラマを盛り上げていくのはキャスト陣ですね♪

陸王には経験抜群の役所さんや、今大人気の山崎くん、竹内くんが出ています!

また、悪役を熱演する芸人の小藪さんもいい役を演じていますよw

そういえば嫌な役で木村祐一さんも出演していましたね~

今やドラマに芸人は欠かせない存在になっているかもしれません。

スポンサードリンク