この世界の片隅に(ドラマ)1話のあらすじ!原作は実話なのか調査!

漫画、アニメ映画、スペシャルドラマで大人気となった

「この世界の片隅に」がTBS系列日曜ドラマ枠として放送されました!

戦争時代の広島・呉で主人公が過ごした日々を描いているので

戦争時代を知っている人が少なくなっている中で、こういったドラマが

放送されると感慨深いものがありますね~

ここでは気になる第1話のあらすじや原作はあるのか?そして

このドラマは実話なのかも調査していきますよ♪

スポンサードリンク

第1話のあらすじ!

第1話は小さな子供時代から始まっていきます♪

それでは、あらすじを紹介していきますね!

主人公すずが街で人さらいに捕まってしまい、連れ去られてしまうーー。

そこには先に捕まえられていた北條周作がいたのだった!

周作とすずは意を決して一緒に人さらいから逃げ出します・・・

そして数年後大人になったすずにお見合いの話が来るも

見知らぬ青年を見たずずはその場から逃げ出してしまうーー。

大人になった周作はそろそろ結婚しようと考えた時に

子供のときのすずの思い出をふと頭を駆け巡ります・・・

そして、すぐにすずの家をみつけ、結婚の申し出をするのですが

すずは周作のことを忘れてしまっていた・・・・

戦争時代に限らずこの時代はお見合いも多かったのですが

恋から始まる結婚も珍しくはなく素敵だな~と思いましたね♪

スポンサードリンク

原作はあるの?

この世界の片隅にの原作はあるのでしょうか?

戦時中を描いてるだけあってリアリティも

あるので気になるところですよね~

原作は漫画でえがかれていました!

作者は「こうの 史代(ふみよ)」さんです♪

すずが主人公のまんがで最初3つの読み切り

短編集である「冬の記憶」「大潮の頃」「波のうさぎ」

で幼少期が描かれていて「この世界の片隅に」は

大人になったすずが描かれているんですね~

こうの史代さんって?

1968年9月28日生まれ

広島県広島市西区出身

作者自身も広島出身であるので戦争については

もっとも近くで感じて生きてきた方ですね!

4コマ漫画や短編集を主に描かれていて

この世界の片隅には出世作と言われてますね!

原作は実話なの?

「この世界の片隅に」のドラマの原作は実話に近い描写になってます!

なんでこんな中途半端な言い方をするのかというと・・・

作者のこうの史代さんが祖母に聞かされていた戦争の話と

図書館で戦争について調べぬいて作られた漫画だったからです!

服装、街並み、家事の道具など細部にわたって

徹底的にリサーチして描写されているので当時そっくりに

描かれているのでその暮らしぶりがしっかり伝わってきますね!

スポンサードリンク

第1話のネタバレ

第1話のネタバレ情報を少しだけ伝えますね。

全部伝えると、おもしろくなってしまうのでちょっとだけですw

すずは父親から「今からお見合い相手がくる」といわれ、正直緊張していました。最初は幼馴染がお見合い相手だと思っていたのですが、窓からのぞくと

見たこともない好青年がいたのでビックリします。

しかし、すずはその場は逃げ去り、後から二人は出会うことになります。

周作は子供のときの出会いは覚えているけれど、すずは覚えておらず、

どうして自分を選んだのか分からなくなっています。

やっとすずは周作との出会いを思い出します・・・

そして二人は結ばれるのでした。

すずが出会いを思い出したシーンがすごく良かったですね~♪

この運命の出会いで二人が結婚するというのが第1話の物語です!

スポンサードリンク

まとめ

子供のときに出会った二人が大人となり、戦争時代を生き抜いていくヒューマンドラマです。

昔の方の想いは強いなと感じられる素晴らしいドラマで、キュンキュンしてしまいますよ!

実話をもとにしているからこそ、忠実に時代背景を描かれているため、

その時代を知らない人でも時代を感じることができますね♪

スポンサードリンク