プリティが多すぎるに原作はある?ドラマとの違いやネタバレも!

2018年10月からスタートした「プリティが多すぎる」面白いですよね~

このドラマにはもしかして原作があるんじゃないか?と噂されてますね!

このドラマは千葉雄大さん演じる主人公が、文芸編集から女性ファッション

雑誌へ異動を命じられてからの物語です!

そこで今回はプリティが多すぎるには原作があるのかや

原作があればドラマとの違いやネタバレも紹介していきますね!

スポンサードリンク

原作はあるの?

プリティが多すぎるには原作があるんじゃないか?

って噂になってますがどうなんでしょう?調査します!

ドラマ「プリティが多すぎる」には原作があります。

文藝春秋が発行している「別册文藝春秋」で

2011年1月から11月まで掲載されていた作品です。

その後に単行本や文庫本が発行されていいます!

原作も舞台は同じで舞台は、ローティーン女子向け雑誌

「ピピン」を作る編集部のやりとりです。

主人公はピピンの雑誌のカワイイといったことに抵抗を持っています!

つまりカワイイは苦手意識ってことです!

最初はそういう感じなのですが、少しずつ苦手がなくなっていき、

主人公が編集者として成長していく姿が描かれています♪

原作とドラマの違い!

原作は確かにありましたね~でももう一つ気になるのが

原作とドラマに違いはあるのでしょうか?

同じ編集部が舞台ということは変わっていません!
ただ扱っている雑誌の紹介が、

ドラマ・・・原宿系ファッション雑誌
原作・・・・ローティーン向け月刊誌

このように少しだけ設定が変わっています!

これはおそらく時代に合わせた都合があるのでしょうか!

原作は8年くらい前に描かれていたものなので、そういう表現になったのかもしれませね~

それと、登場人物の「レイ」ですがドラマのオリジナルキャスト

設定になっているみたいです!

それ以外にもオリジナル設定の登場人物がこれから現れるかもしれません♪

スポンサードリンク

ネタバレ情報

ここからは「プリティが多すぎる」の原作ネタバレ情報です!

ドラマを楽しみたい人はまだ見ないほうがいいかもしれません!

それではさっそくいってみましょう♪

《タグ》

主人公は文芸部門のエースとして活躍していましたが春の人事異動で畑違いのファッション系雑誌の編集部門へ異動を命じられます。

今までカワイイとは無縁の世界におり、苦手意識がありました。

それでも失敗を繰り返しながら少しずつ成長していく主人公。

異動してから7ヶ月が経過したときに撮影現場を1人で任されるのですが、

トラブル発生で編集長から怒られてしまいます。

それでも成長を繰り返し仕事のやりがいを覚え、異動して1年が経過するころには、

文芸に負けないくらいのファッション雑誌として位置づけになります。

千葉くんがすごくかわいいですよね~

何事も努力すればって元気づけられるドラマですね♪

原作の感想!

ドラマの口コミ・感想も気になるところですが

原作の感想を先に見ていきましょう♪

「ファッション雑誌は写真が命なので大変だと思いますねー。 若い女のモデルさんに言うこと聞いてもらうのは大変でしょう」

「嫌な仕事でもそこに向き合っていく主人公には感動しますね。

 自分も見習わなくてはって思ってしまいます。」

「最初は文芸のエースでしたが、最終的にはピピンのエースになっていく

 姿がいいですね。やっぱり仕事ができる人は何をしてもできるのでしょう!」

やはり千葉くんの頑張る姿に萌える人が多数いましたねw

ドラマも面白いという感想も多いですね♪

スポンサードリンク

まとめ

原作が人気だっただけに、ドラマも放送前から注目されていましたね♪

ドラマを見た人も、原作がどうだったのか気になって見てしまった人もいるみたいですよ!

ドラマは原作を忠実に再現しているためネタバレがあるかもしれないので

そのあたりは注意して見てくださいね!

スポンサードリンク