後妻業(ドラマ)の意味はなに?後妻業の女との違いやネタバレ!

資産家の遺産を奪おうする人、それは絶対させないと阻止しようとする人

の人間臭い戦いを描いたドラマが「後妻業」です!

そもそも後妻業ってなに?と思っている方も多いのではないでしょうか?

「後妻業の妻」という映画が上映されていましたが、

いまいち後妻業ってどういう意味なのか分からないですよね・・・

そこで今回は後妻業の意味から公開された映画「後妻業の女」と

新ドラマ「後妻業」にはどんな違いがあるのか、詳しく紹介します♪

スポンサードリンク

後妻業の意味はなに?

後妻業とはどういう意味なのか皆さんは知ってますか?

あんまり聞きなれない言葉ですよね~

それもそのはず、ドラマの元となった原作で始めて出てきた言葉で、

さらにその元となった実際の事件が後妻業として表現されるようになったからなんです!

この文字を見た方はなんとなく想像できるかもしれませんが、

後からの妻ということなので、最初の妻と別れたその次の妻ということです!

言葉の意味合いだけを考えると、再婚といったことになるのですが、

後妻業には「業」というように仕事を意味している言葉がついています。

つまり簡単にいうと・・・

お金目的で男性の妻となり、何かしらの手で相手を死なせ遺産を奪っていくという意味です。

人間ってやっぱり怖いかもしれませんね~

これを「業」仕事として割り切ってしまうんですから!

後妻業の女との違い

ドラマ化される前に、小説が「後妻業の女」として映画化されてます

ドラマにはない女がついていますね!

映画「後妻業の女」は大竹しのぶさんが主演を務めて話題作となりましたね♪

映画の場合は2時間枠だったので、詰めて展開されていた部分もあったでしょうが

ドラマの場合は、細かい部分まで映されています!

映画との違いはほとんどなく、展開の行き着く先は同じとなっており

ドラマの方が映画より詳しく展開があるのが違いといったところですかね!

スポンサードリンク

ネタバレ情報も!

後妻業のネタバレを紹介していきます♪

さっそくいってみましょ~!

後妻業の舞台は大阪。結婚相談所の経営者を通じて、資産家の情報を手に入れていくーー。

資産家の情報が入ったら、結婚相談所を通して、2人で合う日を設定します!

会ってしまったらもう女の勝ち・・・

後妻業の女は男をたぶらかすことには天才的な能力を持っています♪

言葉巧みに相手の懐にはいり、信頼を得て、最終的には結婚といった

ことまで話しを進めていきます!

このあたりは現実でもあり得そうなことですよね!

自分には関係ないと思わずに見たほうがいいですよ♪

まとめ

後妻といった響きもイマイチよくないですが、そこにさらに仕事がプラスされた

「後妻業」ってもはやいい言葉ではないですよね!

後妻業をしているって友達が言ってきたら、ちょっと引いてしまうかもしれませんw

今は結婚詐欺も増えているので、自分には関係ないと思わず、うまい話や、おかしな行動には、冷静になって対応したほうがいいかもしれませんよ!

とはいっても言葉巧みにこられたら冷静になれないかもしれませんね・・・

スポンサードリンク