下町ロケット(ゴースト)最終回のネタバレ!原作との違いも調査!

人気作品だった下町ロケットの続編「下町ロケット(ゴースト)」

が2018年10月ドラマとして放送されました!

前作も視聴率が高く、人気ドラマだっただけに、続編も期待を

裏切りませんでしたが、もう最終回まで進んでいるのですが、もう見られましたか?

ここでは下町ロケット(ゴースト)の最終回ネタバレから、

原作との違いまで詳しく紹介します♪

スポンサードリンク

1話のざっくりあらすじ!

気が付いたらもう最終回ですね~そこで!

第1話のあらすじをざっくりと紹介していきますね♪

佃製作所の社長、佃航平はいろいろな苦難を乗り越えて、帝国重工のロケットエンジンを受注できるまで成長してきました!

しばらくは安泰かなと思っていた矢先に、大口取引のヤマタニとの取引が

縮小されてしまいます・・・・。

佃製作所が手がけているヤマタニの農作業機のエンジンを、低価格で売る

「ダイロス」というライバル企業が突如として現れます!

低価格に勝つためには、どうしたらいいのか。

その危機を乗りこえるために、佃航平はギアゴーストという会社に行き着き

そこは上手くいくのですが、その関連として特許侵害だと訴えられてしまいます。

帝国重工の受注は無くなりかけ、特許侵害で訴えられ、これからどうすればいいのか

新たな苦難と問題が佃製作所を待ち構えます!

最終回のネタバレ!

ここで話しは変わって最終回のネタバレです!

苦難を乗り越えられたのか少しだけ紹介します♪

佃(阿部寛)と財前(吉川晃司)から、日本の農業の未来を救いたい

という熱い想いを聞いた正弘(山本學)は、300年続いた自身の田んぼを、

「アルファ1」の実験農場として貸し出すことを決意する。

そして時間はあっという間に過ぎ、首相視察のデモントレーションイベント当日

勝負はなんと互角の対決になるが佃製作所が3分早いタイム

だったがそれでも首相はダーウィンの見方だった・・・

その後、第三者機関による性能テストが行われ佃製作所は見事勝利!

アルファ1を「ランドクロウ」の名称で販売する一方でダーウィンは

モニターしている農家から大量のクレームが・・・・。

ちょっと意味深な感じで最終回になりました!

これは・・・続編があると期待していいんでしょいうか?

スポンサードリンク

裏切者は誰?

下町ロケット(ゴースト)には裏切者が出ていましたね!

特許侵害で訴えられたときに、ギアゴーストの社内に内通者がいる

可能性が高いことが分かりますがそれは誰なんでしょう??

ただ、ギアゴーストは30人くらいの小さな会社です。

ここまで大きくなるために、社員一同必死にやってきたため、

裏切者がいるはずはないと、社長は奮闘します!

最初は社員を疑うのですが、本当の裏切者は、ギアゴーストの顧問弁護士でした!

裏でお金が流れていたことにより、特許侵害をでっち上げられてしまったのです。

原作との違いは?

池井戸作品の良いところは、原作を忠実に再現しているところです!

小説を読んだ人であれば、このシーンは良かったというシーンが

ドラマでもそのまま使われていますからね♪


今回の下町ロケットも原作に忠実に作られてました!

ただ、原作で使われている言葉だったりが少し違いますね~

ドラマの視聴者の方に伝わりやすいように噛み砕いて

表現してあったりぐらいが違いになってきます!

スポンサードリンク

まとめ

第1話から最終回まで、いろいろな出来事がありましたね♪

最後も、どちらが勝つのかというシーンがすごく印象的でした!

佃製作所は良くも悪くもいつも戦っているイメージです!

原作とドラマの違いはほとんどなく、ドラマのほうが人の感情が表現されているため、より原作のシーンがどのようなものだったのか、思い浮かべることができます。

スポンサードリンク