退位礼正殿の儀の意味・読み方は?服装や場所・お言葉の内容も! 

こんにちは!

本日「平成31年4月30日」に平成がついに終わりました!

僕は平成生まれなのですごく考え深い1日でしたね。

ところで「退位礼正殿の儀」を見られた方いますでしょうか?

僕は中継で見たのですが日本らしく素晴らしいものでした!

今回はその退位礼正殿の儀」の意味や天皇陛下の服装(装束)や

行われた場所からさいごのお言葉の内容も紹介していきます!

スポンサードリンク

退位礼正殿の儀の意味・読み方は?

皆さん今回行われた「退位礼正殿の儀」感動しましたね!

しかし、この儀式の意味知ってますか?読み方も難しそう・・・

そこで、どんな儀式なのか詳しく紹介していきますね♪

まずこの儀式の読み方は「たいいれいせいでんのぎ」と読みます。

この儀式は「皇室典範特例法」定められている国事行為なんです!

国事行為って小学校の授業で習った覚えがありますw

一番眠さんが知ってるものだと・・・

・内閣総理大臣の任命 ・憲法改正・国会の召集・・・他
どうですか?なんとなくそんな事勉強した・・・
そんな感じで覚えてるんじゃないしょうか?

退位礼正殿の儀の意味は?

そもそも今回執り行われた儀式の意味は何なんでしょう?

今日が最後になりますの記者会見だけだとダメなんでしょうか?

簡単に今回の儀式の意味を説明すると・・・

天皇陛下が退位されることをしっかり国民に広く明らかにする

天皇陛下が退位すると・・・元号がかわりますよね?

それをこの儀式を通じて広く知ってもらう意味があります!

しかも、驚きなのがこの儀式実に「200年ぶり」です!

江戸時代の光格天皇以来なんで、憲政史上初なんですね♪

天皇陛下の着られていた服装(装束)の名前も紹介♪

天皇陛下が着られていた和服の装束と礼装が気になりました!

こういった服装を見ると日本らしくて素敵ですよね~♪

天皇陛下が「宮中祭祀」の際に着られていた伝統装束です。

この装束の名前は黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)

すごく難しい感じの装束ですがこの装束の歴史は深くさかのぼること

平安時代の「嵯峨天皇(さがてんのう)」が定めた装束です!

最後の僕ら国民へ「お言葉」をくださった時に

着られていた礼服は「燕尾服(えんびふく)」を着られていました♪

この礼服は戦前の日本の「通常服」として使われてきました!

主に外交・葬儀などに天皇陛下は着られていましたね♪

スポンサードリンク

平成最後の儀式の行われた場所は?

今回の儀式は大きなホールと和装して儀式を行われた

神社仏閣のような祭事場で行われてましたがどこなんでしょう?

約200年ぶりに行われた今回の儀式は

皇居の「松の間」といわれる場所で行われました!

儀式は「3種の神器」と呼ばれる・・・

「剣」「璽(まが玉)」「御璽(天皇の印)」

「案」と呼ばれる台において安部首相がお言葉を述べる

という一連の流れで約15分ほどの儀式になりました!

この瞬間平成がホントに終わるんだなと実感しましたね・・・

天皇陛下の最後のお言葉!

天皇陛下が下さった「お言葉」も大変感動しました!

そこで全文を紹介していきますね♪

今日(こんにち)をもち,天皇としての務めを終えることになりました。

ただ今,国民を代表して,安倍内閣総理大臣の述べられた言葉に,深く謝意を表します。

即位から30年,これまでの天皇としての務めを,国民への深い信頼と敬愛をもって行い得たことは,幸せなことでした。象徴としての私を受け入れ,支えてくれた国民に,心から感謝します。

明日あすから始まる新しい令和の時代が,平和で実り多くあることを,皇后と共に心から願い,ここに我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります。

                       宮内庁HPより引用

とても感動しましたね!国民への深い愛を感じますね♪

皆さんの声も調べてみると・・・

天皇陛下への感謝の言葉が多く見られましたね♪

本当に感謝を天皇陛下に伝えたいです!

スポンサードリンク

まとめ!

ついに「平成」が幕を閉じるんだなと実感しましたね!

新しい「令和」がどんな時代になるか楽しみです♪

そして心より天皇陛下につたえるのなら「ありがとうございました」

と伝えたいですね♪そしてゆっくり休まれてほしいです♪

スポンサードリンク