健康で文化的な最低限度の生活1話のあらすじ!口コミや感想も!

2018年秋ドラマとしてスタートした

「健康で文化的な最低限度の生活」もう見ましたか~?

ドラマのタイトルからして生活に関わりがあるドラマって分かりますよね。
自分たちの生活に関わりがあるものなので、見ていてかなり関心持てますよ!

それでは早速第1話のあらすじやキャストはもちろん

ドラマを見た人の口コミや感想も紹介します!

スポンサードリンク

第1話のあらすじ!

ケンカツってホント身近な話なので

感情移入しやすいんですがその魅力を

簡単にあらすじで紹介しちゃいます♪

主人公は映画監督を目指していたのだがあっけなく
挫折して安定を求めて公務員になります。
そして新人公務員として配属された部署は生活課・・・・

新人業務についてしばらくすると、役所に1本の電話がかかってきて、
いきなり「死にます」みたいなことを言ってくるやっかいな人が現れ・・・

ケースワーカーとして親族へ問い合わせてみるも
いつものことだからといって相手にしされなかった。
しかし、数日後その相談者はなんと本当に死んでしまい
どうしていいか分からず混乱状態に・・・

ケースワーカーとして生活保護者とどう向き合っていくのか

そして現代でも問題となっていることがドラマに絡めてあるので

他人事ではないなぁと気が付いたら見入ってしまうんですよね~

ケースワーカーって何?

今回のドラマでメインになるのが

ケースワーカーという職種なんですが

一体どんな仕事なのか想像つきますか?

さっそく調査していきましょう♪

ケースワーカーとは困難な課題や問題を持った対象者に対して

主体的に生活できるように支援・援助していく。

Wikipediaより引用

一部抜粋ですが簡単にどういった人が対象でどんな仕事内容

なのかをわかりやすくまとめていきますね♪

■ケースワーカーの対象者

・生活保護者 ・不登校の児童 ・要介護者

・身体・精神的理由による生活困難者

主な仕事内容
対象者の面接を行い医師や医療関係などと
 
連携を取りながら具体的な支援の方針を立てていく

まさに健康的に最低限の~通りケースワーカーは

対象者の具体的な支援の方向性を決めていく仕事なんですね!

これを踏まえてドラマを見ていくとまた違った面白みがあります♪

キャスト一覧♪

今回のケンカツを彩るキャストは誰なのか

気になりますよね~これでドラマは決まりますし!

ではメインキャストを紹介して行きます♪

・義経えみる(吉岡里帆)

主人公。生活課に務める新人ケースワーカー。

何事にも一生懸命で相手のために働く女性を演じています!

・半田明伸(井浦新)

同じ生活課に所属する先輩ケースワーカーで優しい指導、厳しい指導、

いろいろな指導方法で主人公を育てて行きます!

・栗橋千奈(川栄李奈)

生活課に配属された同期の新人ケースワーカー。主人公とは違い

強い思いがあってケースワーカーになっているため、一生懸命勉強しています。

・京極大輝(田中圭)

えみるの上司でお金にシビア。

法や制度に基づいた運用の現実派

まだまだ紹介したいキャストはいるのですが

多すぎるのでここでは割愛させていただきます!

結構個性派俳優さんが多いので面白そうです♪

ドラマの口コミや感想!

ドラマを見た感想や口コミって気になりません?

やっぱり共感できるってうれしいですからね!

ちょっと紹介していきますよ♪

生活保護者の方もいろいろな苦労をしているのだなと改めて感じるドラマでした!
ただお金をもらっているだけと思っていたのですが、
仕事が出来ない状況の人もちゃんといるって知りました。

・役所の人っていろいろな思いがあって、
市民とやりとりしてくれているのだなと感じました!

・1人のケースワーカーが生活保護者を何十人も担当しているなんて知りませんでした。

しかも1人1人の家をまわるなんて大変な仕事ですね!

やはりケースワーカーという仕事がこんなに大変でいろんな

思いから仕事しているんだと勉強になった・知らなかった

といった感想や口コミが多かったですね~!

実際私もこのドラマを見るまでケースワーカーの

仕事はどんな内容なのか知りませんでしたからね!

まとめ

健康で文化的な最低限度の生活は、今まで知らなかった生活保護者や生活困難者

とケースワーカーの世界が見られるドラマですね!

新人ケースワーカーとして主人公がどうなっていくのか

これからドラマの展開がどうなっていくのか楽しみです。

スポンサードリンク