この世界の片隅に(ドラマ)最終回ネタバレ!原作との違いやあらすじも!

2018年夏ドラマ枠としてスタートした「この世界の片隅に」すごくいいドラマでしたよ♪

戦争時代はこういう思いをして過ごしていたのかと、今の時代に生きていると

感じることができなかった部分がたくさんありました!

早く次が見たいという気持ちと、終わってほしくないという

気持ちがありとにかく次の展開が気になるドラマでしたが

そんな「この世界の片隅に」は

実は原作があり、アニメ映画としても大人気ですが

ここでは原作とドラマの違いや気になる最終回のネタバレ・あらすじを紹介します!

最終回のネタバレ

ついにもう最終回になってしまいました!

見逃した方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

ここでは最終話のネタバレを紹介します♪

戦争によって広島県広島市は被災しましたが、すずは呉市にいたため

被災はしませんでしたが、広島市にはすずが育った家族がおり、

家族の心配をしている中、妹から手紙が届き、妹が祖母のもとで生きていること

が分かり、しばらくしてすずは妹のもとへ行き、家族の行く末を教えられます。

簡単にこの時代は連絡が取れませんからね・・
これが戦争なんだなと改めて感じました。

公務に出かけていた周作が家に戻ったのですが、すずさんがいない

ことに気づき、寂しいとばかり言っていましたが最終的に

我慢できずにすずさんのところへ会いに行き、すれ違いになるのですが

2人は子供のときに出会った場所で再会します♪

このとき、キュンってしてしまいましたね~

今は電話1本で連絡がとれて便利なのですが、この時代は

出会えたことに嬉しさを感じられるいいシーンでした♪

そんなときに出会った子供を2人が育てていくことになります。
誰の子供なのか最後まで気になりましたが、これは分からなかったですね!

すずの妹の子かな? リンさんの子かな?といろいろ悩みましたが違いましたね!

そして最後に現代の風景が映し出されて、すずさんが登場するシーンで完結です!

ん~ちょっと続編を期待するような含みのある

最終話ですね~二人が誰の子かも気になります!

原作とドラマの違いは?

このドラマには原作があるんですがドラマと

原作での違いはあるんでしょうか?

さっそく調査していきます♪

「この世界の片隅に」は原作を忠実に描いているドラマでした!

登場人物・でてきた出来事などなどそのまま再現しています♪

というより原作も実話をもとにしているためかなり現実味があるドラマ

になることでより戦争時代を良い部分・悪い部分が見えるようになっています!

原作のあらすじも紹介♪

原作に忠実なドラマなので原作のあらすじは

紹介しようか迷いましたが忠実だからこそ

原作のあらすじも知ってもらいたいので

ざっくりと紹介していきますね♪

原作のあらすじも同じく、戦争時代の広島市・呉を物語りとなっています。
少女時代のすずは絵を描くのが上手で想像力が豊な女の子で
ある日子供のときに人さらいにあいそこで出会った男の子と
そして大人になってその男の子と結婚する。

いたってシンプルなストーリーに思えるんですが

戦争時代に簡単に連絡の取れないもどかしさや

最愛の人に生きててほしいという思いなどが交差します!

このあ戦争時代あたりは忠実に描かれていますよ♪

アニメ版は無料で観れる?

原作をもとにしたアニメ版って見たいですよね?

無料で動画を見る方法はないか気になるので

早速調査していきますよ♪

調べてみましたが無料では見れませんでした・・

ん~やっぱりアニメは著作権が強いですねが

違法動画を見るだけで逮捕ですから避けたいですよね!

一番安全な策をとるならやはり無料ではなく

DVD・ブルーレイを購入してみるのが

一番いい結果になりましたね~♪

まとめ

最終回で今まで分からなかった事実が分かりましたね!
こんな展開だったのかーとハラハラドキドキしました!

原作とドラマは忠実に再現されているため見ごたえ満載のドラマですよ!
今からでも遅くはないですあの時代に生きた人の物語をあなたも感じてみましょう♪

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする