シグナル(ドラマ)の原作の違いは?第1話のあらすじ・ネタバレも!

春ドラマとしてスタートしたサスペンスドラマ「シグナル」。

未解決事件をテーマとして過去と現在を無線機でつないでいく

というこれまでにない設定でおもしろいドラマですよね~♪

さあ今回はシグナルの原作との違いはどうなのか?

気になる第1話のあらすじやネタバレも含めて

さっそく詳しく紹介していきますね♪

スポンサードリンク

原作とドラマの違いは?

最近原作のあるドラマって多いですよね!

かくいうシグナルも原作があるんですが

原作とドラマの違いってあるんでしょうか?

気になるので調査していきます♪

気になるシグナルの原作は韓国ドラマでした!

漫画か小説かなぁと思ってたんですが韓ドラなんですね♪

今回のドラマと原作の韓ドラとの違いをまとめると・・

韓国のドラマは1クール20話となっています。

日本の場合は8話から11話くらいなので倍くらいの物語に

なっているため日本版は少し展開が早くなっているかもしれませんね!

今回放映されているドラマはまさに原作通りの内容で

ドラマの内容やあらすじは同じようになってますね!

韓国で大人気になっていたドラマなだけに

そのままというのは非常に期待が高まりますね~♪

第1話のあらすじ紹介!

無線機で過去と通信して事件を解決?

それって面白いのって方いますでしょう?

面白いんですよ!わかってもらう為にもあらすじ

をざっくりと紹介していきますね♪

第1話は一緒に通っていた小学校の同級生の死について自分が目撃した犯人の情報を警察に伝えても相手もしてもらえなかったところから始まります。

それから年数が経ち刑事となってその犯人に関連する事件に

携わり当時の未解決事件へと繋がっていきます・・・

よくある過去と現在を繋ぐドラマでは、主人公が過去に行って事

件を解決するというのが多いのですが今回のドラマはそうではなく

過去と現在を無線機が交信しながら事件を解決していくドラマです。

こんなドラマ展開は見たことがなかったので非常に興味がわきました!

過去に何があったのか確かめるために過去に行くなんてのはあるんですが

無線機で過去にその事件を担当した刑事と交信し情報を得ていくドラマは初ですw

そしてさらにおもしろいのが、通信をして未然に事故を防いだりして

過去を変えることで未来も変わることにこれには驚きましたね!

メインキャストもチェック♪

やっぱりドラマの顔になってくるのが

俳優さんではないでしょうか!?

シグナルのメインキャストをチェック!

三枝健人/坂口健太郎

プロファイリングを学んだ刑事で過去に兄が不名誉な自殺をしており、

自らの手で兄の事件を解決したいと考えているほど事件解決には

熱い気持ちを持っている刑事です。

・大山剛志/北村一輝
過去の世界にいて無線機でやりとりをする刑事だがある日

収賄容疑をかけられて失踪となっている。

正義感が強く事件解決への気持ちは三枝(坂口)と同じくらい熱い。

・桜井美咲/吉瀬美智子
新人時代に先輩だった大山(北村)の指導を受けて育っている。

三枝と一緒になり未解決事件を解決していく。

メインキャスト3人を紹介しました!

なんとも豪華な俳優陣ですがドラマが進むに

連れてあんな人など豪華な俳優さんがまた登場します♪

第1話のネタバレ!

ざっくりとあらすじ書きましたがやっぱり

もっと内容が知りたい・先が知りたいって

方のために1話をネタバレしちゃいます♪

1995年 主人公が小学生の時に同級生が若い女性に誘拐された

事件が起こり未解決のまま現在に至ります・・・

その後、主人公がプロフェイリング刑事となり時効まで

後1日となった時に拾った無線から通信がきます

こんなタイミングで無線がくることなんてないですよね!
最初は私も訳が分からずどういうことって不思議に思いましたw

無線のやり取りでは犯人のめぼしはついている。
犯人ならこの騒ぎをどこかで見ているはずと・・

警察の失態(犯人を見つけられない)を近くで見ているはず。

その時、マスコミの人ごみの中に犯人を見つけます!

この後の展開はドラマを見てくださいね!
時効1日となった時の警察と犯人の攻防は魅力たっぷりですよ!

まとめ

無線機を使って過去と現在を繋ぐ展開が魅力的ですね。
過去に行くわけでも、現在に行くわけでもない。

ただ拾った無線が過去とのつながりになるなんて

なんだか普通と違って面白いんですよね~

2人の刑事が事件を解決するために全力を注いでいるドラマで

次の回が早く見てみたいと気になってしまうドラマですよ♪

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする